現在のページ位置

新潟市の泉心道鍼院よりメッセージ

夜尿症の症例

2016年7月2日

夜尿をしてしまう9歳の女の子。病院に通院中で夜尿、頻尿で、薬を服用している。1か月に5から6回程度の夜尿があるとのことで来られました。
体の状態は、皮膚は乾燥ざらつきある、暖かい、仙骨部に虚所見。 水分調節、薬、アラーム治療?など (夜尿症)と診断しました。
治療は肺虚肝実証で行い、腹部や仙骨部を中心に、足の至陰や足三里などに温灸を行いました。
薬を服用しながらの治療でしたが、鍼も週に2回程度の通院をしていただき、治療を継続しました。初めは、吐き気や右腕に湿疹などができましたが、おおむね肺虚本証で行い、3か月の段階で、まったく夜尿はありませんでしたので、経過観察として月に2回ずつ継続されました。
7月まで病院で薬が処方されていましたので、それが完全に終わるまで鍼も続けられました。
ちなみに、鍼を始めてから8か月間で1回夜尿があっただけでほとんど治療というよりも予防という状況でした。

夜尿症 | コメント (0)

コメント

コメントはありません。

現在この記事のコメントは受け付けておりません。

トラックバック