現在のページ位置

新潟市の泉心道鍼院よりメッセージ

パニック障害による眩暈・動機・不安など!2013年6月の症例

2016年1月12日

パニック障害による眩暈・動機・不安など!2013年6月の症例

31歳の女性、2年前からパニック状態、ふわふわする感じ、肩こり、目覚めやすい、生理不順、口が渇く、体が冷たい、軟便で、肩こり、眩暈、落ち着かないを最も強く訴えてこられました。
脉は沈んでいて弱い。体全体が冷たくつやなし。右ナソを中心にこり、後ろ頭の痛み、肩こり、ふわふわする感じ、落ち着かない、軟便、目覚めやすい、生理不順など (パニック障害、眩暈)と診断しました。
治療は、腎虚や心虚で行い、不安感や眩暈の改善を中心に行いました。ほぼ1週間に一度のペースの通院で、9月のころより眩暈、動機、それからくる不安などは治まり、経過観察を3回行った段階で症状がありませんでしたので、治療を終了としました。

パニック障害, 不眠・睡眠障害, 眩暈(めまい), 鍼灸ブログ | コメント (0)

眠れない、不安が払拭出来なくて!2013年1月の症例

2016年1月2日

眠れない、不安が払拭出来なくて!2013年1月の症例

35歳の男性、1年前から左膝下側に痛みがある。夜3時ごろに目覚める。額の痛み、すぐ腹が一杯になる、軟便、不安など左ひざの痛み、不眠を最も強く訴えてこられました。
潰瘍性大腸炎、自律神経失調症の既往がありました。
脉は沈んでいて弱い。皮膚はなめらか足が冷たい。左右ナソ部にキョロ所見。左右膝関節下側が膨れている。 左ひざの痛み、肩こり、不眠、軟便、すぐ腹が一杯になる、不安、動機など(左ひざ関節症、不眠症)と診断しました。
治療は、脾虚肝実証で行い、膝の治療とともに、不眠、不安などの治療のため、外関や足三里などを用いて行いました。4回目まで三日に一度の通院をしてもらい、5回目から1週間に一度の通院にしました。5回目ごろより、主訴の左ひざの痛みは取れ始め、治療開始1か月頃を過ぎてから眠れるようになってきました。以後、1週間に一度の通院を続けてもらい、体調のほうは改善しましたが、不安感が残っていました。少し睡眠時間が少なくなると気にかけている様子でした。

不安神経症, 不眠・睡眠障害, 鍼灸ブログ | コメント (0)

鬱病、眠れないこと改善されて、職場に復帰できました!2012年12月の症例

2015年12月28日

鬱病、眠れないこと改善されて、職場に復帰できました!2012年12月の症例

38歳の男性、1年前から眠れなく、首から手足が震える。やる気がなくて動けなかったが、漢方薬を飲んで動ける不眠、うつ病を最も強く訴えてこられました。
体の状態は、脉は沈んでいて強い。手足が湿っていて冷たい、左右のナソ部にキョロ所見、グダグダ話をしている。動機、疲れやすい、夜中目覚めて朝まで眠れない、胸苦しい(鬱病)と診断しました。
治療は2回腎虚脾実証で行い、湿眠、大鐘に温灸を行いました。3回目で眠れるようになってきて、4回目で眠りすぎるほど眠れるようになりました。証を肺虚肝実証に替え、腰痛も強いとのことで継続治療を行いました。結果、休職中でしたが、3月より職場に復帰することが出来ました。

不眠・睡眠障害, 鍼灸ブログ, 鬱病(うつ病) | コメント (0)

不妊治療、そのストレスで眠れなく、不眠、不安で、治療を続け!2012年11月の症例

2015年12月27日

不妊治療、そのストレスで眠れなく、不眠、不安で、治療を続け!2012年11月の症例

32歳の女性、眠れなく不正出血がある。不妊治療を受けていてそれも気にかかる。足の冷え、肩こり。全く眠れないとのことで来られました。
体の状態は、脉は沈んでいて強い。足が冷たい、腹部の膨満あり、左右のナソ部にキョロ所見。皮膚はなめらか暖かい。 食欲不振、胃が痛む、寝つきが悪い、足が冷える、生理不順、不正出血(不眠症、不妊症)と診断しました。
治療は、まず主訴の眠れないことの改善を目標にし、腎虚脾実証で行い、湿眠や水泉に温灸、2回目から卵巣あたりの痛みもあるとのことで、奇経灸や腹部にも温灸を加えました。
4回目より証を脾虚証に替え、6回目ころより五日程度は眠れているが、二日眠れないことがとても気にかかっている様子でした。次に来られた時に眠れるようになっていました。
体の冷え、生理不順の改善と、どうしても子供が欲しいとのことで、鍼を続けることにしました。
その回の生理は結局きませんでしたが、治療3か月ごろより、周期が遅れがちながら生理があるようになりました。神経質なほど排卵を気にかけていて、基礎体温の変化に神経をとがらせているようでした。
治療は、三陰交や奇経灸など適宜使用し、十日に一度くらいのペースで続けました。4回目の生理が終わった後、初診から数えて7か月目で、自然妊娠し、翌年無事出産されました。
鍼をする前の不妊治療で体調を崩し、精神的にも不安定になっていた状態からの治療でしたが、自然妊娠という素晴らしい結果を得ることが出来ました。

不妊治療, 不眠・睡眠障害, 生理痛・生理不順・婦人科疾患, 鍼灸ブログ | コメント (0)

多発性硬化症、不眠、便秘、手足のしびれなど!2012年6月の症例

2015年12月14日

多発性硬化症、不眠、便秘、手足のしびれなど!2012年6月の症例

44歳の男性、先週多発性硬化症の治療で退院してきたが、夜中目覚めてしまって眠れない、便意のない便通、足の痺れがある、不眠・便秘・両足の痺れなどを最も強く訴えてこられました。
6年前に多発性硬化症と診断され、入退院を繰り返しているそうです。体の状態は、脉は沈んでいて弱い。腹は上腹部が弱い。皮膚は滑らか外側は冷たい。 下部腰椎の変形、便秘、目覚めやすく、眠れない、足の痺れ、低血圧など 多発性硬化症と診断しました。
治療は、眠れないことと便秘の改善を本人が望んでいましたので、それを中心に行いました。肺虚肝実証で行い、左右公孫・内関の奇経灸を用いました。3回目まで証は同じで、2回目から合谷・陥谷の奇経灸を行いました。治療後、便通があったり、眠れるようになっていましたが、4回目の段階でまた眠れなく、便秘とのことで、証を肝虚脾実証に替えて、奇経灸も公孫・内関に戻してみました。1か月目は三日に一度、2か月目から1週間に一度の通院で行いました。2か月目ごろより便通が整い始め、3か月目を過ぎたころより、寝る時間を少し遅くして、6時間程度は眠れるようになってきました。2回経過観察を行い、改善していましたので、4か月16回で治療を終わりとしました。

不眠・睡眠障害, 多発性硬化症, 鍼灸ブログ | コメント (0)