現在のページ位置

新潟市の泉心道鍼院よりメッセージ

腰痛症の症例

2018年5月7日

腰痛症の症例

41歳の男性。背中や腰が張る感じで最近何度もぎっくり腰様症状を繰り返すとのことで来られました。
脈は沈んでいて弱く、右腰に圧痛がありました。
証を脾虚肝の和法で行い、腰と湧泉に温灸を行いました。
1週間に一度の通院で5回ほど治療した段階で朝の痛みが半分くらいとれ、右腰の圧痛が小さくなってきました。
8回目で朝の痛みをほとんど感じなくなってきていましたので、治療を終了としました。

慢性腰痛症 | コメント (0)

慢性腰痛、仕事の疲労で症状が出て!2012年6月の症例

2015年12月12日

慢性腰痛、仕事の疲労で症状が出て!2012年6月の症例

24歳の男性、昨年の5月ごろより腰痛があり、病院を受診したが思わしくない、五日ほど前から強い腰痛で右側に痛みがあるとのことで来られました。
体の状態は、脉は沈んでいて強く、腹は上腹部が弱い。手足がやや冷たい。下部腰椎の変形直腹が一杯になる。 椎管関節症による腰痛症と診断しました。
治療は、左肺虚肝実証で行い、腰部に温灸、右申脈・後谿に奇経灸を行いました。おなじような治療を5回続けた結果、腰痛は亡くなり改善しました。現在も仕事の疲労がたまってくると、強く腰痛が出るので、来られています。

慢性腰痛症, 鍼灸ブログ | コメント (0)

慢性腰痛症、だんだんひどく我慢できずに!2012年1月の症例

2015年11月27日

慢性腰痛症、だんだんひどく我慢できずに!2012年1月の症例

27歳の女性、半年前から腰痛で先週はかなり痛かった。生理痛、肩凝り腰痛を最も強く訴えてこられました。
体の状態は、脉は沈んでいて強い。腰椎の前湾変形。皮膚は温かいが手が汗ばんでいる。みぎなそぶに生ゴムよう所見。 腰痛症と診断しました。
治療は、肺虚肝実証で行い、申脈・後谿に奇経灸を行いました。3回目から脾虚証に替えて行いました。結果、4回の治療で、完治しました。

慢性腰痛症, 鍼灸ブログ | コメント (0)

慢性腰痛、自律神経失調症、2011年9月の症例

2015年11月9日

慢性腰痛、自律神経失調症、2011年9月の症例

38歳の女性、7年前に引っ越してきて環境に慣れない。汗をかく。息苦しい。常に腰痛がある。腰痛、全身の汗を最も強く訴えてこられました。
体の状態は、脉は沈んでいて弱い。全身の汗で体が冷えている。左右ナソ部にキョロ所見。左右腰部筋肉外側に痛みがある。足の冷え。 頭痛/眼の疲れ/喉/口が渇く/便秘/不妊/右耳が痛む/息苦しい/腰痛/自立神経失調症と診断しました。
全身状態を改善させることで、慢性的な腰痛も改善されると思われます。
脾虚をぢゅうしんに証を立て、三陰交を使ったり、内関、足三里を用いました。開始1か月半ごろより、腰痛が楽になり始め、
冬場でもあった異常発汗が治まりました。3月まで週に1回のペースの通院でしたが、4月から2週間に一度に替えてもらい、治療を継続しました。10月まで49回治療を行いました。

慢性腰痛症, 自律神経失調症, 鍼灸ブログ | コメント (0)

脊椎分離症、慢性腰痛、上せ症状!2011年7月の症例

2015年10月22日

脊椎分離症、慢性腰痛、上せ症状!2011年7月の症例

35歳の女性、1年前から腰を痛め脊椎分離症と診断される。骨盤部の両側上が痛む。腰を伸ばしたり朝起きるときが悪いとのことでした。
体の状態は、脉は、沈んでいて速く強い。皮膚は滑らか。冷たい。上半身が熱く下半身が冷えている。左右ナソ部にキョロ所見。下部腰椎の前凸変形。 肩凝り/立ちくらみ/便秘/足の冷え/腰痛/ドライアイ/脊椎分離症と診断しました。
治療は、脾虚もしくは肺虚で行い、臨泣・外関、申脈・後谿などに奇経灸を行いました。治療は、通院が安定せず、開くと腰痛が強く鳴る感じでした。3か月12回治療して、腰痛の改善がありましたので、治療終了としました。

慢性腰痛症, 腰椎分離症, 逆上せ・冷え性, 鍼灸ブログ | コメント (0)