現在のページ位置

新潟市の泉心道鍼院よりメッセージ

スポーツ障害による腿後ろ側の痛み、治ってからは耳の治療も!2011年7月の症例

2015年10月24日

スポーツ障害による腿後ろ側の痛み、治ってからは耳の治療も!2011年7月の症例

40歳の男性、マラソンをしているが、5月ごろより腿の後ろ側に張る感じで6月ごろより走るのが困難となる。
腰椎椎間板ヘルニア、耳管開放症の既往もありました。
体の状態は、脉は浮いていて強い。下部腰椎の変形。左尻にこうけつ圧痛。皮膚は温かい。 運動障害による左坐骨神経痛と診断しました。
治療は、5回目まで、三日に一度の通院で行い、走っても傷みが出てこなくなってきました。開始、1か月半のころに記録会に出られましたが、20キロを痛みなく走れるようになりました。
本人から耳管開放症の治療も出来るのなら、鍼を続けたいという希望があり、耳に関係するツボを用いて、治療を続けました。
月に2回の通院で、1年間治療をした結果、耳の聴こえは正常になり、完治としました。

スポーツ障害, 耳鳴, 鍼灸ブログ | コメント (0)

自律神経失調症、眩暈、吐き気の心配も、治療でなくなり!2011年4月の症例

2015年9月24日

自律神経失調症、眩暈、吐き気の心配も、治療でなくなり!2011年4月の症例

51歳男性、目眩/吐気で、小学生のころより吐気と目眩がある。一時期は治まるが、1ヶ月に5回程度は強い発作が起きる。
体の状態は、下腹部が弱く、脉状は沈んでいて速く、弱い。上半身が熱い。手足の汗。皮膚は全体的になめらか。 目眩/吐気/寝付きが悪い/便秘と下痢を繰り返す/やや頻尿/耳鳴/自立神経失調症と診断しました。
治療は、上せの症状を抑えることが大切で、上せなくなれば、諸症状は改善されると思われました。証は肝虚で行い、公孫、内関の奇経灸を用いました。吐き気、眩暈などは、4回目あたりから治まってきました。運転中、不安になったり、また具合が悪くなったらどうしようという不安感があるとのことで、手の外関、や内関、足の三里などに適宜治療を行いました。治療3か月ごろから眠れるようにもなり、吐き気、眩暈という症状はほとんどなくなりました。出張に行くのが不安でしたが、実際に行ってこられても症状を出すということはありませんでしたので、15回で治療を終了としました。

眩暈(めまい), 耳鳴, 自律神経失調症, 鍼灸ブログ | コメント (0)

パニック障害、運転できなくなって、不安も強く!2010年10月の症例

2014年9月24日

パニック障害、運転できなくなって、不安も強く!2010年10月の症例

昨年の春ごろより目眩があり、1か月前の8月30日にひどい眩暈となってから、怖くて車が運転できなくなったとのことで来られた42歳の女性です。

運転できないということで、父親から載せてもらって通院されました。会社の通勤も送ってもらっているとのことでした。

体の状態は頚から背中が凝り冷たい。足の冷え。症状は、 目覚めやすい/喉口の渇き/胸苦しい/手足の冷え/頻尿/耳鳴、不安感などがありました。

以上のことから、目眩/パニック障害と判断しました。

ゃ区は沈んでいて遅く弱い。腹部は下腹部が冷たい感じでした。

治療は右腎・脾相剋で行い、右照海・列欠に奇経灸を加えました。

治療後頭が重くなったということで、2回目から脾虚証に替えて治療を行い、右内関、足三里に温灸を行いました。

夜中のトイレの回数が減り、運転ができるようになってきました。

5回目の段階で自分で運転して通勤できるようになりました。証を肺虚証に替えて継続治療を行いました。

1週間に一度のペースで通院してもらい、1年治療を続けました。

パニック障害, 不安神経症, 耳鳴, 鍼灸ブログ | コメント (0)

鬱病(うつびょう)、肩こり、動機、眩暈、耳鳴り、眠りが浅くて、疲れが取れず!2010年6月の症例

2014年6月30日

鬱病(うつびょう)、肩こり、動機、眩暈、耳鳴り、眠りが浅くて、疲れが取れず!2010年6月の症例

2年前から肩の痛みがあり、動機・眩暈・耳鳴りなどがあって鬱病で来られた37歳の男性です。

体の状態は、皮膚は全体的に冷たい。ナソ部は後ろ側を中心にキョロ所見あり。 肩凝り/動悸/目眩/耳鳴/夢多い/頭が重い/鼻水が出る/胸苦しい/手足の冷え/アレルギー性鼻炎などがありました。脉は浮いていて弱い、腹部は上腹部が冷たく、尺部につやがない。

以上のことから、肩凝り症/鬱病と判断しました。

1回目は、左脾虚肝実証で行い、足三里に温灸、2回目も同じ治療で行いました。

3回目の段階で肩こりは少し楽になっていましたので、肺虚肝実証に証を換えて行い、奇経灸を加えました。

1週間に一度の通院で続けてもらい、12回目13回目あたりでかなり眠れるようになりましたが、右肩甲骨内側の突っ張る感じは残っていました。15回で治療終了となりました。

うつ病の事例はこちら

不眠・睡眠障害, 耳鳴, 鍼灸ブログ, 鬱病(うつ病) | コメント (0)

自律神経失調症(じりつしんけいしっちょうしょう)、腰椎椎間板ヘルニアによる腰痛症(ようついついかんばんへるにあによるようつうしょう)、腰の痛みが気持ちを不安助長させ、悪いイメージ自分が作る!2010年3月の症例

2014年5月7日

自律神経失調症(じりつしんけいしっちょうしょう)、腰椎椎間板ヘルニアによる腰痛症(ようついついかんばんへるにあによるようつうしょう)、腰の痛みが気持ちを不安助長させ、悪いイメージ自分が作る!2010年3月の症例

30歳の男性、1年ほど前に腰椎椎間板ヘルニアとなり、治療を受けてから、気持ちが不安定となり、心療内科で治療を受けているが、最近突発性難聴となって、来られました。
体の状態は、皮膚はざらつきあり。足先の冷え。手の平の汗。腹部は上が硬く、舌は冷たい。脉は、沈んでいて弱い。
そのほかの症状としては、突発性難聴/目覚めやすい/胃がつかえる/鼻がつまる/喉口の渇き/胸苦しい/動悸/手足の冷え/頻尿/肩凝りなどがあり、腰痛/腰椎椎間板ヘルニアによる腰痛症、自立神経失調症と判断しました。
1回目は肺虚証で行い、2回目は湿疹などが出来たので、証を脾虚証に替えて行う。
3回目の段階で、難聴が楽になってきて、4回目から眠れるようになり、7回目ごろより、腰痛が楽になってきたので、腰痛ベルトをはずせるようになってくる。
しかし、腰痛が出ると、いろいろなところが具合が悪くなるようで、その時の状態がまちまちになってくる。
ゴールデンウィークで出かけてきたが、具合があまり悪くならず、悪くなっても直ぐ良い状態に戻るようになってきた。
しかし、心療内科を受診した時に、抗鬱剤を処方され、それを飲み始めたら、気分が悪くなり、腰痛や尿漏れがあるようになる。
結局16回の段階で治療が中断してしまい、改善とはなりませんでした。
感想としては、気持ちが不安定であるというのが、最も訴えていた症状で、腰痛が強いか弱いかによって、他の症状を引き起こしてしまうような状態でした。
経過をたどっていくと、腰痛は、楽になってきて、本人もベルトをはずしたり、悪くなっても直ぐもとに戻っていけることを自覚するようになっていましたが、
多くの人に見受けられますが、鍼をしてよくなってくると、少し症状の好転が見られないことで、とても気に病んでしまって、「よくならない」と決めつけてしまわれるようです。
鍼をしてかえってひどくなったとか、今までなかった症状が出たというのなら、治療としては、悪影響を出しているということになりますが、足踏み状態や本人の満足度で評価されると、せっかくの状態の上向きが理解できなくて、このように治療中断ということになってしまいます。
過度の病気や症状に対する心配は、自分で自分を病気にしてしまっていることですので、楽になっているときは「よい」、悪くなっているときは「悪い」と
自分の状態を、客観的に捉えることが大切だと思います。

慢性腰痛症, 耳鳴, 腰椎椎間関節症, 自律神経失調症, 鍼灸ブログ | コメント (0)