現在のページ位置

新潟市の泉心道鍼院よりメッセージ

悪阻、以後肩こり、頭痛、腰痛で継続していて、二転三転!2013年11月の症例

2016年1月18日

悪阻、以後肩こり、頭痛、腰痛で継続していて、二転三転!2013年11月の症例

39歳の女性、二人目の妊娠11週目、肩こり、こめかみ部の痛み、足の浮腫み・頻尿・食べた後に胃液が出るとのことで、悪阻を最も強く訴えてこられました。
脉は、沈んでいて弱い。皮膚はなめらか暖かい、足の浮腫み、右肩上にゴム粘土様所見、肩こり・腰痛・吐き気・頻尿など (肩こり症・悪阻)と診断しました。
治療は、治療は、4回目まで腎虚証で行い、裏内庭にお灸、4回目から腰痛に対して、右申脈・後谿の奇経灸を加えました。
開始6回目の段階で吐き気は治まってきましたので、悪阻は改善としました。以後は、目の疲れ、頭痛、肩こり、腰痛などに対して治療を行い、脾虚もしくは腎虚で行いました。途中、29週目あたりで逆子になり、戻りましたが、34週当たりで再び逆子になってしまいました。鍼を続けているのに逆子になられては、申し訳ないという気持ちと、自身にも気合を入れて治療しました。おかげさまで逆子は再び正常となり、里帰り出産まで治療を継続しました。

悪阻(つわり), 肩こり・ドライアイ・目の疲れ, 逆子1, 鍼灸ブログ | コメント (0)

不妊治療、鍼を続けて、自然妊娠!2011年8月の症例

2015年11月1日

不妊治療、鍼を続けて、自然妊娠!2011年8月の症例

32歳女性、肩凝り足のむくみで疲れやすいとのことでした。結婚して数年たつが、妊娠しないとのことですが、不妊治療は特に受けていないとのことでした。体の状態は、皮膚はわりと温かくつやもよい。 左ナソにキョロ所見あり。 肩凝り/眼の疲れ/口が渇く/足がだるくなる/肩凝り症、不妊症と診断しました。
治療は、脾虚証で行い、肩こり、足の浮腫みなどを取る治療を行いました。月に3から4回程度治療を継続し、14回目ごろより証を腎虚に替えて行いました。症状としては、時々便秘になったり、眠れなくなるなどがありましたが、おおむね、体調管理的な目的で治療を続けていきました。
治療開始後、2年7か月後、自然妊娠をしました。以後は、悪阻の治療、安産灸の治療で、逆子になることもなく、無事出産されました。現在も、治療中です。

不妊治療, 肩こり・ドライアイ・目の疲れ, 鍼灸ブログ | コメント (0)

肩こり症、不眠の治療で改善へ!2011年3月の症例

2015年9月18日

肩こり症、不眠の治療で改善へ!2011年3月の症例
34歳の女性、肩こりがひどく、出産後3ヶ月。肩凝りで後頭が痛む。入眠薬を服用している。
体の状態と症状としては、腹は上腹部が弱く、脉状は沈んでいて、遅く、弱い。皮膚は温かい。手足が冷たく、肩上に凝りがある。 日中眠い/腰痛/眠れない/頻尿/肩凝り症と診断しました。
治療は、肺虚、脾虚で行い、肩に温灸や陽池(好転の元気を補う)に温灸を行いました。4回で眠れるようになり、自覚症状が亡くなりました。

不眠・睡眠障害, 肩こり・ドライアイ・目の疲れ, 鍼灸ブログ | コメント (0)

肩こり、ドライアイなど、デスクワークで気を浪費させ!2010年10月の症例

2014年10月20日

肩こり、ドライアイなど、デスクワークで気を浪費させ!2010年10月の症例

肩こり、目の疲れで来られた28歳の女性です。

体の状態は、脉は沈んでいて、腹部はざらついていました。右ナソにキョロショケン。左右の肩の緊張が違う。腰椎の前弯。

症状としては、肩凝り/眼の疲れ/にきび/喉がいがらっぽい/喉口の渇き/手足の冷え/目覚めやすい/食が細い/足の冷えなどたくさんありました。

以上のことから肩凝り症と判断しました。治療は肺・肝相剋で行い、肩、左右然谷に温灸を行いました。

生理不順の治療と目の疲れ、ドライアイ、不安、イライラなど精神的な要素もちりょうをしていきました。

証は肺虚、脾虚が中心で、時々肝虚などがありました。

足先が氷のように冷たくなる人で、足の冷えがなかなか取れませんでしたが、肩こり、目の疲れなどは割と少なくなってきました。

2年間、114回治療しました。

肩こり・ドライアイ・目の疲れ, 鍼灸ブログ | コメント (0)

緊張型頭痛、病気のサイン?眠りが浅く!2010年8月の症例

2014年9月9日

緊張型頭痛、病気のサイン?眠りが浅く!2010年8月の症例

肩から背中にかけてこり、頭痛、時々腰痛、足の冷え、睡眠不足などがあってこられた32歳の女性です。

体の状態は、皮膚は全体的に滑らかである。手足に汗をかいている。 左ナソ部にきょろ所見。腰椎の変形。

腹部は力がなく、脉は沈んでいる。

症状としては、睡眠不足/頭痛/胃がつかえる/腹痛/喉口の渇き/手足の冷え/頚肩の凝り/背中腰の痛みがありました。

以上のことから、緊張方頭痛/肩凝り症と判断しました。

治療は肺・肝相剋で行い、疲れやすく、寝不足ということから、陽気を補うため、右外関、足三里に温灸を加えました。

同じような治療を数回継続して、6回目の段階で睡眠が正常になり、胃の痞える感じもなくなってきましたので、7回で治療を終わりとしました。

緊張型頭痛、病気のサイン?眠りが浅く!2010年8月の症例

その他の疾患, 肩こり・ドライアイ・目の疲れ, 鍼灸ブログ | コメント (0)