現在のページ位置

新潟市の泉心道鍼院よりメッセージ

頸の痛み、2012年4月の症例

2015年12月6日

頸の痛み、2012年4月の症例

33歳の女性、2週間前から頚から右背中が痛くなる。肩凝り。便秘。食欲不振。頚背中の痛みを強く訴えてこられました。
体の状態は、皮膚はかさつき手足がむくんでいる。右ナソにキョロ所見。 食欲不振、便秘、肩凝り、頸部痛と診断しました。
治療は、肺虚肝実証で行い、2回目に来られた時に眩暈もありましたので、左右照海に温灸を行いました。3回目で頸の痛みは取れました。

鍼灸ブログ, 頸の痛み | コメント (0)

急性頸部痛、2012年3月の症例

2015年12月2日

急性頸部痛、2012年3月の症例

56歳女性、肩凝り、昨日病院に泊まったら首筋が痛く腰痛もある。右膝の痛みで右頚、腰の痛みを強く訴えてこられました。
体の状態は、脉は沈んでいて弱い。皮膚は滑らか温かい。みぎなそぶにキョロ所見。腰椎の変形。足の浮腫み。 肩凝り、喉が渇く、腰痛、胃がもたれる、急逝頸部痛と診断しました。
治療は、肺虚肝実証で行い、申脈・後谿に奇経灸を行いました。4回目から脾虚肝実証に替え、6回で頸の痛み、腰痛が亡くなりました。

鍼灸ブログ, 頸の痛み | コメント (0)

  最初は頸の痛みの来院が、通院しているうちに、肩こり、頭痛、生理痛、手足の冷え、たいしつがかわりました!2009年12月の症例

2014年2月6日

  最初は頸の痛みの来院が、通院しているうちに、肩こり、頭痛、生理痛、手足の冷え、たいしつがかわりました!2009年12月の症例
子供の付き添いで来られていて、雪除けをしていたら、頸を痛めうしろに動かすと痛みがあると言って治療を始められた、36歳の女性です。
体は割と暖かい、手足の冷え、頭が重い、生理痛、肩こりなどの症状がありました。
腹部は力が弱い、脉は沈んでいて、弱い。
右肩に硬い筋コリ。左ナソ部に生ゴム様所見。左背中に筋張りがありました。
治療は肺・肝相剋で行い、頸の患部に温灸、円皮鍼、右後谿・申脈に奇経灸。2回目もおなじような治療を行ったところ、3回目で頸の痛みが無くなり、生理痛の治療を中心に行いました。
4回目に来られた時に、便通時の出血がありましたので、証を換えて行ってみました。
3回の治療で便通時の出血は治まってきました。証を肺・肝相剋に戻し、さらに治療を続け、14回目の段階で頸の痛み、肩こり、頭痛などは軽減となりました。
三日に一度の通院で行っていましたが、1週間に一度に替えてもらい、現在も2週間に一度、4年150回以上健康管理のため治療を続けてもらっています。
感想としては、付き添いで来られていた人で、症状が出て、ついでに鍼を私もしてもらおうかということで、始められた人は、
症状が良くなれば、それで治療は終わりになる人がほとんどですが、この人のように、4年以上も続けてもらえて、とても素晴らしいと思います。
鍼の証も現在は変わって、手足の冷え、生理痛、生理不順、肩こりなども、現在は改善されています。
頸の痛み、生理不順、手足の冷えなどの事例は以下を参照してください。
生理不順 http://www.toyo-hariin.com/zirei/case13.html
冷え性の症例 http://www.toyo-hariin.com/zirei/case1.html
頚腕(けいわん)症候群 http://www.toyo-hariin.com/zirei/case9.html

生理痛・生理不順・婦人科疾患, 鍼灸ブログ, 頸の痛み | コメント (0)

頸 腰の痛み!2009年10月の症例

2013年12月27日

頸腕の痛みの事例はこちら頸 腰の痛み!2009年10月の症例
頸から肩がこり、腰痛、慢性鼻炎、目覚めやすい、よるねていてもきにかかるということで、来院された、
30代の男性です。
皮膚はざらつき、第3第4腰椎に圧ツウがありました。腹部は、上腹部がつやなく、脉は沈んでいて、強い。
右ナソ部にキョロ所見、頸椎の変形があるようでした。
治療は肺虚肝実証で行い、頸に温灸、左申脈・後谿に奇経灸を行いました。
1日おきに3回来院。体格は大柄な男性で健康体そのものと見えますが、少し鍼の数が多かったり、深く鍼をするなどで、汗が出てきたりするような敏感な人でした。
4回目に来られた時に腰痛、頸の痛みともに楽になってきました。証はほとんど変えることなく肺虚本証で行いました。
1月まで治療を行い、改善しましたが、慢性鼻炎があるとのことで、花粉症の時期になる頃でしたので、もう少し続けてもらって、鍼はアレルギー性鼻炎にも有効鼻炎もすっきり直してもらえれば良かったと思います。

慢性腰痛症, 鍼灸ブログ, 頸の痛み | コメント (0)