現在のページ位置

新潟市の泉心道鍼院よりメッセージ

鬱病、眠れないこと改善されて、職場に復帰できました!2012年12月の症例

2015年12月28日

鬱病、眠れないこと改善されて、職場に復帰できました!2012年12月の症例

38歳の男性、1年前から眠れなく、首から手足が震える。やる気がなくて動けなかったが、漢方薬を飲んで動ける不眠、うつ病を最も強く訴えてこられました。
体の状態は、脉は沈んでいて強い。手足が湿っていて冷たい、左右のナソ部にキョロ所見、グダグダ話をしている。動機、疲れやすい、夜中目覚めて朝まで眠れない、胸苦しい(鬱病)と診断しました。
治療は2回腎虚脾実証で行い、湿眠、大鐘に温灸を行いました。3回目で眠れるようになってきて、4回目で眠りすぎるほど眠れるようになりました。証を肺虚肝実証に替え、腰痛も強いとのことで継続治療を行いました。結果、休職中でしたが、3月より職場に復帰することが出来ました。

不眠・睡眠障害, 鍼灸ブログ, 鬱病(うつ病) | コメント (0)

鬱病、2011年11月の症例

2015年11月20日

鬱病、2011年11月の症例

44歳の女性、5年前から欝病で医療機関を受診している。常に眠くて体がすっきりしない、頚背中の痛み、足の冷え、頻尿、便秘、欝的で背中や頚が凝るを最も強く訴えられてこられました。
体の状態は、脉は、沈んでいて弱い。左右のナソ部にキョロ所見、皮膚は冷たいがつやはある。足先の冷えと浮腫み。 頚背中の痛み/便秘/頻尿/眠りすぎる/体がすっきりしない/胃が痞える/欝病と診断しました。
治療は、肝虚証、肺虚証、脾虚証などが多く、内関、足三里にお灸を行いました。翌年の春ごろになって少しずつ鬱的なものも良くなってきましたが、日中眠い、鼻水が大量に出ることはあまり治まりませんでした。約1年、32回治療しました。

鍼灸ブログ, 鬱病(うつ病) | コメント (0)

鬱病、腰椎椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛、精神的な安定感が、痛みをなくして!2011年9月の症例

2015年11月7日

鬱病、腰椎椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛、精神的な安定感が、痛みをなくして!2011年9月の症例

41歳の男性、3月ごろより椎間板ヘルニアで腰から左腿の後が痛む。一度治療で治ったが、又先週から痛み出した。腰痛、鬱病を訴えてこられました。
体の状態は、脉は沈んでいて速く、弱い。
他に、便秘/何もしたくない/不安感/安栖里/体がだるいなどがありました。
皮膚全体が冷たくやや乾燥気味。項頚部が熱い、足が冷たい。下部腰椎に変形あり。 眠れない/体がだるい/何もしたくない/不安感/安栖里/便秘/腰痛/左足の痛み/鼻つまり/腰椎椎間板ヘルニアによる左坐骨神経痛/欝病と診断しました。
治療は、精神的なものが大きく、痛みを取ることも大切ですが、不安定な心の状態を正常に保たせるのが、大切だと思いました。
脾虚肝実証で行い、内関、足三里にお灸を行いました。

坐骨神経痛, 腰椎椎間板ヘルニア, 鍼灸ブログ, 鬱病(うつ病) | コメント (0)

鬱病、肩関節の痛み、眠れない、体の冷えなど、体調崩して仕事を休む状態で!2011年4月の症例

2015年9月29日

鬱病、肩関節の痛み、眠れない、体の冷えなど、体調崩して仕事を休む状態で!2011年4月の症例

52歳の男性、右肩関節の痛み/欝状態で、昨年の5月ごろより欝状態になり、右肩にいたみがある。眠りが浅く足が火照る。動悸不安。
現在休職中でした。
体の状態は、腹部は上が冷たく、脉状は沈んでいて強い。足裏に汗、冷たい。皮膚は全体的にこそう。右肩関節の冷え。 右肩関節痛/欝状態/喉が渇く/不眠/不安/足の火照りと冷え/立ちくらみ/動悸/右肩関節周囲炎/欝病と診断しました。
治療は、眠れるようにして、足の冷えを改善させることが大切であると思い、肺虚証で行い、湿眠、内関、足三里にお灸を行いました。5回目で仕事に対する意欲が出てきて、仕事に復帰しました。肩の痛みは楽になったと言ってみたり、痛くなったと言ってみたり繰り返していたが、半年を過ぎるころより言わなくなり、以後も2年間105回治療を行いました。

40肩・50肩(肩関節周囲炎), 不眠・睡眠障害, 鍼灸ブログ, 鬱病(うつ病) | コメント (0)

鬱病(うつびょう)、肩こり、動機、眩暈、耳鳴り、眠りが浅くて、疲れが取れず!2010年6月の症例

2014年6月30日

鬱病(うつびょう)、肩こり、動機、眩暈、耳鳴り、眠りが浅くて、疲れが取れず!2010年6月の症例

2年前から肩の痛みがあり、動機・眩暈・耳鳴りなどがあって鬱病で来られた37歳の男性です。

体の状態は、皮膚は全体的に冷たい。ナソ部は後ろ側を中心にキョロ所見あり。 肩凝り/動悸/目眩/耳鳴/夢多い/頭が重い/鼻水が出る/胸苦しい/手足の冷え/アレルギー性鼻炎などがありました。脉は浮いていて弱い、腹部は上腹部が冷たく、尺部につやがない。

以上のことから、肩凝り症/鬱病と判断しました。

1回目は、左脾虚肝実証で行い、足三里に温灸、2回目も同じ治療で行いました。

3回目の段階で肩こりは少し楽になっていましたので、肺虚肝実証に証を換えて行い、奇経灸を加えました。

1週間に一度の通院で続けてもらい、12回目13回目あたりでかなり眠れるようになりましたが、右肩甲骨内側の突っ張る感じは残っていました。15回で治療終了となりました。

うつ病の事例はこちら

不眠・睡眠障害, 耳鳴, 鍼灸ブログ, 鬱病(うつ病) | コメント (0)