現在のページ位置

新潟市の泉心道鍼院よりメッセージ

暑くてもだめ。寒くてもだめ。

2010年7月2日

暑くて冷房が必要ですね。

前略。昨日今日と暑くて冷房が必要なくらいです。ここ二日続けていつもは朝早くに散歩へ行くのですが、寝坊をしてしまいました。しかし、朝のうちに行っておかないとワンチャンが暑がっていけなくなるので、少しだけ連れて行っています。

昨日も今日も午前中に来院が少ないため、パソコンをしたり研修会の復習をしたりと時間をもてあまし気味です。午前中は出来るだけ冷房はつけないようにしていますが、さすがに午後になるとどうしてもつけずには入られなくなります。暑いのを我慢するか、冷えすぎて体のあちこちが痛くなることを我慢するかの選択になっています。

数年前までは暑くても我慢が出来たのに、今は暑いのも我慢が出来ないし、寒いのも寒がって動けない状態です。

人間が贅沢になったのか、ただ単に新陳代謝が落ちてきて、こらえ性がなくなっただけなのでしょうか?

それでは後日にお便りします。

日々のできごと | コメント (0)

基準はまちまち!

2010年6月30日

もう半年が終わります

前略。早いもので今日は2010年6月30日となりました。2010年も半分が終わりですね。それにしても昨夜のサッカーワールドカップ日本戦は惜しかったですね。でも、当初の予想よりは大きく健闘したのではないでしょうか?2002年のときもべすと16で惜しくも敗れてしまって、それ以上の成績を期待したのですが、残念ながらベスト16停まりとなりました。ベストエーと吐、16ではとても大きな違いがあるように感じられるのは、我々が本々持っている潜在意識によるものではないかと思いました。

たとえば、銅メダルと4位との違いや金メダルと銀メダルとの違いは、力の違いを我々が感じてこのように思うのではなく、かなりの部分はイメージによるものではないかと思えてなりません。

そのイメージを抱くには、その人が持っている基準といえようか、ボーダーラインが存在するのではないかと思います。

そのボーダーラインは人それぞれによって高さも違えば、幅も違うようですが、皆が持っているものだと思います。

皆違ってそれでいい。と思いたいところですが、世の中には一定の基準がひつようであることも事実ではないでしょうか?

その基準がまちまちであると、なにかをみんなで一緒にしようと思ったときに、美味くいかなかったり意見が異なったりすることが出てくると思います。

型に嵌り過ぎると人間味がなくなるし、あまりにも逸脱しすぎれば社会的協調性がなくなり、時には非常識となってしまいます。

まあ、その常識が今の世の中は可笑しくなってきているようにも思いますが。

それでは、又お便りします。

草々

日々のできごと | コメント (0)

治験発表悪阻

2010年6月29日

悪阻

普通部1年 今泉 聡

初めに

本症例を悪阻という演題をつけ発表しますが、この患者はメニエール病と診断され、よく発作を起こし、目眩や吐き気がよくあるようで、悪阻であるのか、メニエールの発作症状なのか、区別しにくい点がありました。

患者32歳女性主婦

初診 平成8年5月二日

主訴

妊娠3ヶ月目で悪阻がひどくむかむ

かした感じがあり、目眩がする。

望診

小柄で類痩し、栄養状態はやや不良。皮膚の色は全体的に白く、顔色は青白いそうです。

聞診

声は澄んでいるが、話し方にめりはりがなく、トーンダウンする感じでした。

5音は商とし、5声は哭とみました。

問診

現病歴

今3人目の子供を妊娠中で、3ヶ月目の後半であるが、まだお腹はそんなには目だって

きていない。

2ヶ月目ごろより、悪阻がひどく食事をとっても直むかむかして、時々戻す。

今月に入り流産の危険性があるので、三日ほど入院し、医者からは血液の流れをよくする薬をもらっている。

上の二人の子供のときは、ここまで悪阻はひどくはなかった。

既往歴

3年前に目眩がひどくなり、医者でメニエール病と診断され、常に耳がモヤモヤした感じで今年の2月ごろより強い発作が出て、3度入院し、点滴を受けた。それと妊娠が重なり、流産するのではないかと不安そうでした。慢性蕁麻疹が、背中や腕、肘下膝下に出来やすい。その他手足が冷え、頭がむくみ、頭痛も時々ある。食事は取るようにしているが、食べた直後からむかむかするので、最近食欲がなくなっている。

睡眠便通は正常です。

切診

切経

全体的に少し汗ばんでいて、皮膚はこそうし、背中には湿疹がびっしりある。右肝兪付近に筋纐纈を触れる。ナソ部は特に右側の鎖骨上かよりけつぼんけつを中心に

乳様突起にかけて硬い筋張りを触れ、ゴムねんどよう所見としました。

左右のこめかみ部にぶよぶよした感じで、浮腫みがありました。

腹診

全体的にかんげし、虚の腹と見え、下腹部もほとんど出っ張りがなく、言われなければ妊婦さんとは分からないくらいでした。

経絡腹診では、臍を中心に中韓穴より陰交穴にいたる脾の診所力なく虚。右実月から腹哀にかけて肺の診所皮膚につやなく虚。

左帯脈穴より居リョウ穴にかけて肝の診所つやなく虚と見ました。

心かぶは押すと気持ちが悪いとのことでした。

脉診

脉状診

沈やや数にして虚。

比較脉診

右手かんじょう沈めて脾虚。続いて左手かんじょう沈めて肝虚。左手沈めてしゃくちゅう腎きょ。左手すんこう沈めて心虚。浮かせて小腸あり。右手すんこう浮かせて大腸あり。他は並位と見ました。

病症の経絡的弁別

痩せていて食事を取るとむかむかし、食欲不振胃部の不快感とうは脾土経の変動。

皮膚こそう/慢性蕁麻疹/商音/5声の哭/皮膚の白さ/顔色とうは、肺金経の変動。 手足が冷え/頭が浮腫み/耳のもやもやした感じは腎水経の変動。

目眩の発作/頭痛等は肝木経の変動としました。

以上、脉症腹症その他総合的に判断し、脾虚肝虚の相剋調整という証を立てました。

予後の判定

この患者は虚体で陰性体質と思われ、体力を付けさせることが大切だと思いました。

しかし、持病のメニエール病の発作と悪阻が重なり、、私の技術から行って、

症状の改善は少し困難とは思いましたが、患者には後1ヶ月もすれば、安定期に入り吐き気も治まってくるから、鍼治療を続ければ吐き気もしだいに軽くなり、目眩の発作の間隔も徐々に開いていくからと説得し、全身治療の経絡治療であれば、生命力の強化ということもあり、根気強く治療に取り組もうと思いました。

適応側の判定

耳前動脈を左右比較すると、右がやや強く触れましたので、右適応としました。

治療および経過

虚からだでもあり、数脉皮膚の薄さとうから、細鍼を用い、鍼数を出来るだけ少なめにすることを心がけました。

本治法

まず、右太白穴に銀8分1号鍼にて経に従い2ミリ程度刺入し、やや左右圧をかけ充分補い、押し手の下面に温かみを感じましたので、100パーセント左右圧をかけ素早く抜鍼すると同時に鍼穴を閉じるという補法を行ないました。

見脉すると脾の脈に力が着き、中位に浮いてきましたので、ついで右大陵、左曲泉/陰谷にたいし、同様の補法を行い、見脉すると陰経が全体に平らになり、脈状も沈から中位にまとまってきましたので、陽経の処理に移りました。

改めて脉診すると先ほどまでの胆と小腸にあった邪が明瞭にこと思われる虚生の邪を触れることが出来ました。左支正、左光明にステン1寸1号鍼にて経に逆らい1ミリ程度刺入し、充分補った後、幅狭に刺動法を加え、左右圧をかけずにすっと抜く鍼し鍼穴を閉じないという補中の瀉法を行ないました。

見脉すると虚生の邪は取れたように見えましたが、胃の脉が虚に見え、野腹症も心かぶ表面に力がないように見えましたので、右足三里に補法を行ないました。

再度見脉しますと脉全体は虚脉ではありますが、中位にまとまっていましたので、表治法に移りました。

表治法

腹部では、中韓/巨闕/天枢/付陽/実月など左右比較しながらステン1寸1号鍼にて接触鍼を行い、補的に行ないました。

下腹部ムノ部には妊娠初期でもありますので、行なわずにナソ所見に対し、ステン1寸1号鍼で右のゴムねんどよう所見に2から3ミリ静に刺入し抵抗がありましたので、ゆっくり押し付けたり捻ったりしながら抵抗緩むを度として左右圧をか抜き去る深瀉浅補の刺鍼をしました。動揺の方法で左に3箇所。こめかみ部の浮腫にたいして補的散鍼。うつ伏せにして背部腰部に接触鍼。右肝兪付近の硬けつにたいししゃ的散鍼。

肝兪に知熱灸を5層行いドーゼの心配もありますので、初回の治療は終了とし、見脉すると脉に崩れのないことを確認し1週間に1度は来るように指示しました。

2回目5月六日

問診耳がもやもやし1日中むかむかしている。脉診すると右手すんこう沈めて肺虚で左かんじょう肝にはややねばっこいものを感じ、すんこうの心も虚

してはいないように見えました。

又、腹症でも肺の診所につやなく冷たく感じましたので証を肺虚肝実証に換え、右太淵/太白に補法。左対衝よ補中のしゃほうで行い陽経の処理その他表治法はほぼ前回に同じですが、左右のかんゆに知熱灸を3層ずつおこないました。

見脉すると肝の実は取れ脉にスタミナがついたようですので、肺本性のほうがよりよかったと初回の治療は誤りであったと反省しました。

3回目5月十日

問診以前として目眩やむかむかした感じは取れないが、少しずつ食欲が出てきた。

脉診すると今日は肝の実脈はなく肺肝相剋調整で対衝穴を補い腎経は弄らなかった。後は前回に同じ。

4回目5月16日

問診又メニエールの発作が出そうで、気分が悪い。2月より3週間に1度の感覚で、発作を起こし3回も入院しているので不安である。

治療は肺肝相克で継続し左支正穴に皮内鍼を貼付。

5回目5月二十日

問診やはり目眩の発作が出て昨日は寝ていた。今日医者に行き、点滴を受ける。

治療は肺肝相克で継続。

6回目5月25日

問診発作は思ったより軽くすんだが、右の後頭部から後頚ぶにかけてひやひやした感じがある。

途中新潟支部の臨床質問会でこの症例につき尋ねると、メニエールの発作を起こさせないことを重要視するよりも主訴の悪阻を治めてあげるのが先決であり、先天の元気を高めるため少海/列欠に

奇経灸をしたらよいとアドバイスを受ける。

7回目5月30日

耳のもやもやした感じや悪阻はなくなってきたが、今度は子供から風邪が移ったようで、医者でてんてきをうける。

脉診すると肝に実脈を触れ胆/大腸/胃にことや思われる虚生の邪を触れましたので、

対衝/光明/豊隆/偏歴より補中の瀉法を行い、左しょうかい/左れっけつに3、2の奇経灸(知熱灸で代用)を行い、だいついに知熱灸を行なった。

かんゆへの知熱灸は取りやめる。

治療後続けて鍼治療をすれば、目眩の発作感覚もしだいに広がり、悪阻のほうも治まってきたのだから、出産まで引き続き継続することを勧め医師の同委書さえもらえれば、保険診療できるからと説明し帰す。

8回目6月五日

問診5月31日の日に発作が出て点滴を受ける。

頭から頚にかけてのひやひやかんは以前としてあり、吐き気もまたあり、悪阻によるものかメニエールの発作なのかは分からない。

起き上がるとふらふらするような目眩である。

しかし、初回にびっしりあった湿疹がほぼなくなり、腕のほうに残っているだけである。治療は肺虚肝実証で行なう。

治療後患者より「親しい医者より同委書を書いてもらえそうなので、同委書をください」とのことで、継続治療を望んでいられた。

、 考察

この6月五日を持って、患者は来院されなくなり、その後は連絡をとってはいない。これは推測ではありますが、同委書をもらうため医師の診察を受けた際、医師より鍼治療を堅く禁止されたものと推察されます。

開業間もない私にとっては鍼灸院の営業面においての難しさを認識させられた出来事でした。

さて、本症例について反省しますと

1。 証の問題で初回のみ脾肝相剋。2回目以降肺を主証とした点です。

特に強い誤治反応が出たというわけではなかったのですが、肺金の病症が多くそのうえ悪阻という主訴を脾経

腎計/肝計いずれの変動として捕らえたらよいか分からず、いささか消去法的に肺虚を本証にした嫌いがありました。

2。支部でもアドバイスを受けたのですが、治療目標(ゴール)を

悪阻の改善かメニエールの発作の感覚を広げることに重きを置くのかという私自身の意識の置き方が、定まっていなかったこと。

そのことで、気の調整を計る経絡治療において、術者の気が患者に美味く伝わらなかったのではないかと思いました。

3。このように度々発作を起こす重篤な患者では、誠計治療のみではなかなか臨床成績を上げにくく、奇経治療しご治療等の補助療法も時には必要なのかと痛感しました。

私は経験と勉強不足で未だ補助療法を使いこなすことが出来ず、100パーセントの患者に誠経治療で行なっています。これから起訴をしっかり見につけ、そのうえで補助本症例は療法も勉強していきたいと思いますので宜しくお願いします。

結論

本症例は治療の経過やいかなる理由があるにせよ途中で来院されなくなったことを結果としてみますと、失敗例であります。

しかし、経過中度々発作が出て点滴を受けてはいますが、鍼治療をする以前のように発作のため入院するという強い症状は現れていないこと、

むかむかした感じはあるが、食欲ガ少しずつ出てきたこと、

湿疹が初回時よりかなり減少してきたことなどを含めて、考えますと明らかに治療効果が上がりつつあったと

私自身は思っています。

ですからもう少し治療を継続出来ていればという悔やまれる気持ちは強いですが、このように重篤な患者に対しては、

経絡治療こそが治癒に導ける手段であると確信しました。

今後は勉学技術の修練はもちろんですが、患者に理解してもらえる治療法「経絡治療」を一人でも多くの人に施し信頼してもらえる治療科になりたいと思います。

余計なことを書きすぎて長くなりましたが、指導部の先生方と皆様のご指導を宜しくお願いいたします。

平成8年11月4日

追記

この症例は開業5ヶ月目の患者さんであり、初めて妊婦さんを取り扱った症例です。

この年の4月から東洋はり医学会の本部講習生となり11月に行なった治験発表の原稿を掲載いたしました。<

治験発表, 鍼灸ブログ | コメント (0)

時の流れを感じます

2010年6月26日

15年前は!

前略。この間は久しぶりに点字を打って手が疲れたと書きました。

今度はブログに私の治験を掲載しようと、パソコンを使って懐かしい原稿を書き写してい増した。つぼの名前や東洋

はりで用いられる漢字がなかなか出てこないので、ひと苦労です。

新しいパソコンには、単語の登録をしてもらってわりと直出るようにしておいたのですが、今まで使っていたパソコンのほうが、まだ使いやすくて、どうしてもそちらを使ってしまいます。紙の媒体がだんだん少なくなってきて、寂しくなるとこの間は書きましたが、ブログを通じて、こうして皆さんにメッセージを遅れるのも、パソコンのおかげであることを思いますと、我ながら矛盾していると感じずにはいられません。

さて、一番初めの治験発表から掲載しようと書いていくうちに、開業間もない治験であるのに、よく治療の手順を踏んでいると、我ながら感心するところと、明らかに今思うと誤りである記述があったりして、それはそれでとても懐かしかったです。

治験を読み返してみますと、15年の月日の経過を感じずには入られませんでした。

今日もだんだん蒸し暑くなってきました。

明日は東洋はりの新潟支部定例会ですが、エブリーちゃんは外で1日待機していられるか心配です。

それでは又お便りします。

日々のできごと | コメント (0)

肩凝りを伴う両腕の痺れ

2010年6月26日

肩凝りを伴う両腕の痺れ

この患者は、私が開業して12日目に来院し、翌月に東洋はり新潟支部において、初めて治験発表を行なった原稿です。

患者55歳女性農業

初診 平成8年1月二十日

主訴 肩凝りと両腕の痺れ。

望診 中肉中背で、栄養状態は良好。顔面部/尺

部の色その他は分かりませんでした。

聞診

農家の主婦とはいえ、いわゆる地主農家であり、裕福な生活状況を想像させるごとく、わりと悠長にしかも穏やかに話しをします。声は高く清く明るい口調でありました。5音は集音、5声呟富みました。

問診

現病歴 3年前ごろより、両腕が痛み出し、昨年の夏ごろより、整形外科/整骨院/カイロなどに通うが、よくならない。夜になると差し込むような痛みを覚え、仰向けでも寝ていられないそうである。その他、本々腰痛があり、春になると畑仕事をするので心配である。食欲/血圧は正常であるが、常に便秘がちで、足の冷えがいちじるしい。最近痰の切れが悪い。尚、3年ほど前に旦那さんに先立たれ、遺産相続や多額の相続税を支払わなければならないので、土地を売ったりしていて、かなり気を労している様子でありました。

切診

切経 皮膚はつやがあるようですが、軟弱でやや湿り気がある。頸椎/腰椎に変形があり、第2頚椎が後湾し第2・3・4腰椎が前凸である。

足先は冷たく多少浮腫みがあるようだ。

ナソ所見は、鎖骨上かより胸鎖乳突筋部が緊張し、生ゴム様所見である。左三角筋部の中部繊維付近に強く押すと、筋張りがあるが、右と比較すると、筋肉そのものは細くなっているようである。背中は左右を比較すると、右側が勾配がゆるく、左側が盛り上がって筋も突っ張っている。

腹診

全体的に軟弱で表面がぶよぶよしている。強く按ずると不快な痛みはないが、臍下部に硬い纐纈を触れる。経絡腹診は、日月から腹哀にかけて肺の診所最も虚臍を中心とする脾の診所虚。左鼠けいぶ調度肝の診所付近であるが、上前腸骨茨から臍にかけてえんぴつのような筋張りがある。

脉診

脉状診

浮遅にして虚。

比較脉診

右手すんこう沈めて肺最も虚。ついで右手かんじょう沈めて脾虚。浮かせて胃虚。左手かんじょう沈めて肝ややあり。浮かせて胆あり。他は平位とみました。

病症の経絡的弁別

主訴の肩凝り、旦那の死により気を労する、皮膚は軟弱でやや

湿り気がある、痰が

切れにくいなどは、肺金経の変動。

両腕の痺れ、便秘がち、臍下部の硬い纐纈などは脾土経の変動。

5声の言は心火の変動。

夜になると差し込むような痛み、腰痛、左鼠けい部の筋張り、三角筋ぶの筋の突っ張り、背部の緊張等は肝木経の変動。

頸椎/腰椎の変形、足先の冷えと浮腫みとうは、腎水経の変動と診ました。

証決定

以上の事柄を総合的に判断し、肺虚肝実証と決定しました。

予後の判定

病症は昨年の夏ごろからとすでに半年を経過し、頸椎の変形などが神経を圧迫しているものと思われ、かなり時間がかかるものであるとは思いますが、失っている気を取り戻し腕の痛みのため、夜目覚めるという症状さえ取り除くことが出来たならば、本人の自然治癒力において充分症状は改善されるものと考え、継続治療を説得し治療を開始しました。

適応側の判定

女性であり耳前動脈、病症を比較すると左がより重く見られましたので、右を適応側といたしました。

治療および経過

本治法 まず、右太淵穴に銀8分1号鍼にて経に従い1ミリ程度刺入し、やや左右圧をかけ師眺めに充分補い、患者の微妙な反応を押し手の下面に感じ、気の去来とみて左右圧を充分かけて素早く抜鍼すると同時に鍼穴を閉じるという補法を行なう。

見脉すると肺の脉に力が着き、多少浮脉が沈み、

やや速くなりましたので、更に、右太白に同様の補法を行ないました。見脉するとより肝の脉がはっきり見えてきましたので、左太衝穴にステン1寸1番に持ち替えて、経に逆らって静2刺入し、3ミリ程度のところで鍼先に抵抗を感じましたので、左右圧を軽くかけ留めておきそれからゆっくりと抵抗の感触を試しながら抜き差しし、

抵抗緩むをどとして、おもむろに抜鍼し、加圧もかけず鍼穴も閉じない補中の瀉法を行ないました。

見脉すると陰経は全体的に力が着き、脈状もやや落着きましたので引き続き陽経の処理に移りました。

陽経の脉を診ますと大腸/胆に浮と思われる実脉を触れ、胃がとても虚していましたので、

まず胃の三里穴を左右ともステン1寸1号鍼にて補法を行い、偏歴光明の順に左から同じくステン1寸1号鍼にて、経に逆らって刺入し、目的の深さにおいて抜き差しし、抵抗緩むをどとして静に抜き去り鍼先が皮膚面を離れんと同時に押し手にてぱっと加圧をかける浮実の瀉法を行ないました。

見脉すると脈は沈み中脈にまとまったかに見えましたが、不十分な生脉力において、陽経に瀉法を加えたため、

気を漏らして硬くなったようにも見えました。しかし、不十分ながらも肝実が取れ、脈状もやや速めになってきていましたので、2段打ちを避け、表治法に移りました。

表治法は腹部にたいし、中韓/天枢/その他胃部の巨したる部に補的散鍼。ナソ部は特に左の鎖骨上か付近にキョロがありましたので、静にごく浅く刺入し右のナソ部とのバランスを取るように心がけました。背腰部は特に肩甲骨内縁に筋緊張がありましたので、左は鍼数をやや多めに深瀉浅補。右は鍼数は少なめに虚したる部を充分補うという手法で処理しました。

その他は腰部に補的散鍼、命門/陽関にやや深めに刺鍼視、補いました。最後に肩甲骨内縁の圧痛部にたいし皮内鍼を貼付して1回目の治療を終わりました。

治療終了後、再度鍼治療により充分改善できることを患者に話し週1度来院することを取り付けました。

治療後見脉すると肺/脾の脉は

細くしまりがあるように見えましたが、肝と胆の脉になにやらぼやぼやしているのを感じました。

2回目1月24日

鍼治療後は肩凝りはいくぶん楽になり、痰の切れも良くなってきたとのことでした。ほかに変わった所見はありませんが、

脉診をすると左手かんじょう

としゃくちゅうの脉が鎮めてかすかに触れるので、再度入念に脉診し腹症を観察しますと、陰交けつより恥骨上際にかけて腎の診所が冷たく肝の診所付近にあった筋張りが触れませんでしたので、肝実証を肝虚とし、肺肝相剋の治療に証を換えてみました。

治療法 右太淵/太白補法。左曲泉/陰谷に補法。

光明/偏歴/支正にこにおうずる補中の瀉法を行ないました。

表治法は前回に同じです。

3回目1月31日

肩凝りのほうは大分良くなりつつあるが、又痰の切れが悪くなり、腕がしびれて夜眠れなくなる。治療は肺肝相剋の継続で行ないました。

4回目2月七日

やはり夜中眼が覚めると左の肘から肩にかけて痛みが走る。

そして段々症状が変わり、肩から後頭部にかけて痛みが走る。

脉診すると大腸と三焦が虚しているため、今日は偏歴と外関も補う。

大椎に知熱灸、外関に皮内鍼を貼付。他は継続治療としました。

しかし、今日は多少症状が逆戻り

した様子を聞かされ、焦りがドーゼを過ごした嫌いがあるので反省する。

患者には、「慢性的でどこが痛むのか分からないよりも症状が動いているのだから、体が病気を追い出そうとしている現われでよくなるからと説得しました。

5回目2月14日

腕の付根の痛みは取れ、治療をする前から見れば、

痛みは半分くらいに軽減している。しかし、肘よりした指先に痺れを感じる。それと今度は右のお尻あたりがいらいらする感じである。治療法は肺肝相剋の継続で、後天の元気と先天の元気を高める目的で、外関に皮内鍼を貼付し、命門に知熱灸を饐えることにしました。

現在週1回のわりで継続治療中であり、患者さんも良くなりたいからと

言って、通ってくれる様子がありますので、経過を見守りたいと思います。

考察

本症例を発表した経緯は、開業間もない私の診療室において、継続的に治療をしている人が限られていることと、少ない患者さんの中でも腕の痛みないし痺れを主訴とする患者がかなりのわりでいたことであります。

この患者さんの症例の場合は、痛みがそれほど激しくなく、夜になると騒ぐというくらいで、圧しても痛くなく動かせないというわけでもないという症状としては、

久しく緩慢なものと思いました。

従って、私のような経験もなく未熟な者にとっては難しい患者になりそうだとは思いましたが、勉強をするには願ってもないチャンスだと思いました。患者さんには申し訳ないのですが、長期戦になることを覚悟してもらい、 治療を継続しているところであります。患者さんの自覚的な所見ではありますが、肩凝りと腕の痛みは半分まで軽減したということですので、多少なりとも効果は上がっていると見ています。又、気を労しているという背景が推察出来ますので、気を動かす経絡治療のほかに治療法はありえないと確信し、治療を続けていこうと思います。

つたなく、取り留めのない治験発表となりましたが、ご指導宜しくお願いいたします。 1996年2月新潟支部員 今泉 聡

追記

この患者さんはその後40回ほどの来院があり、腕の痺れは消失しました。現在も再来院があり、そのつど鍼を行なって改善しています。15年前の治験発表ですので、今考えると冷や汗が出るような記述となっている箇所もありますが、

鍼灸師になりたての皆さんに試行錯誤の記録を見ていただいて、少しでも参考にしていただければと思い、そのまま掲載いたしました。

治験発表, 鍼灸ブログ | コメント (0)