現在のページ位置

新潟市の泉心道鍼院よりメッセージ

毎日暑い日が続きますね。

2018年8月12日

毎日暑い日が続きますが、皆様体調管理には苦労されていませんか?
今年は特別気温が高く、体温より暑い日なんで、すこし前までは考えられないことでしたよね。
夏は暑いものというのは、わかっていてもあまりにも高い気温でどうしてもクーラーの温度を下げたり、ついつい冷たいモノを飲み過ぎたりしてしまいますよね。

そんな日が続くと、今度は何となく体調も絶好調とは行かず、だるかったり、胃腸の調子が悪くなったり・・・。

そんな体調を鍼で整えませんか。
鍼は、本来ご自身がもっている免疫力を高めますので、自然と体の不調も解消へと導くことが期待できます。
暑い毎日で、体調がイマイチというときにも鍼治療はあなたのお役に立つはずです。
体調を整えたいときは、ぜひ、泉心道鍼院ではり治療を体験してみませんか。

お電話からは025-276-2155まで。
当院は、越後石山駅から徒歩5分の場所にあります。お気軽にご連絡ください。

鍼灸ブログ | コメント (0)

失禁の症例

2018年7月10日

失禁が時々ある。高血圧、腰痛。昨夜は足がつるとのことで来られた68歳の女性です。
脈は沈んでいて弱く、下腹部が冷たい感じでした。
体の状態は、膚はなめらか暖かい。腹部の冷え、腰部の緊張。 失禁、腰痛、高血圧など (尿失禁)と診断しました。
治療は腎虚脾実証の証を立て、腹部、腰などを中心に鍼を行い、仙骨部、下腹部、委陽などに温灸を行いました。
2回目の状態は、治療後1回失禁があった、耳鳴りもあるとのことで、耳鳴りに対しても治療を行いました。
3回目、4回目の治療で耳の聞こえと失禁がなくなっていましたので、治療を終了としました。

その他の疾患 | コメント (0)

発達障害による四肢の麻痺

2018年6月23日

発達障害による四肢の麻痺
14歳の男の子、生まれた時から右股関節と右腕が動かしにくく、最近左腕も思うように動かないとのことで来られました。
既往歴として、知的障害がありました。
脈は沈んでいて弱く、腹は上腹部に力がない。皮膚はなめらか、手足に汗をかいている。右手は伸ばすことがあまりできず、左足は内反足。
治療は、肺虚肝実証で行い、手足(特に関節部)に円鍼や温灸を行いました。
次に来られた時には、最近できていなかったつかまり立ちがまた出来るようになりました。
同じような治療を数回行った結果、伸ばせなかった左腕が伸ばせるようになりました。途中、体調を崩して熱を出すなどをした時には、また左腕が思うように使えなくなるなどありましたが、もともと障害のある右腕も伸ばすことが出来るようになってきました。
ご家族の話では病院の先生がとても驚いているとのことでした。

子供の病気 | コメント (0)

右手首腱鞘炎の症例

2018年5月25日

右手首腱鞘炎の症例

右手首親指の痛みで、11月ごろより違和感があり、徐々にひどく、今は包丁を使うのも困難でとても痛がり来られた64歳の女性です。
慢性腎炎、腱鞘炎の既往がありました。
脈は沈でいて弱い。
皮膚はなめらか暖かい、患部の熱感。動かすたびに痛がるが神経的な感じ。 (右母子腱鞘炎、手首関節痛)
治療は右肺虚肝実証で行い、左右陽陵泉、右手首に温灸を行いました。
三日に一度の通院で11回目くらいから楽になり始め、使いすぎなければ、そんなに痛まなくなったとのことで、17回で治療を終了としました。

腱鞘炎 | コメント (0)

脊椎幹狭窄症による左足のしびれの症例

2018年5月24日

脊椎幹狭窄症による左足のしびれの症例
介護中に腰を痛め、7月ごろより腰から左ひざ下にかけて痛み痺れがあり、朝起きてから3時間程度が一番悪いとのことで来られた66歳の男性です。
脈は浮いていて強く、下腹部に力がない。
ひふはやや乾燥ぎみ。下部腰椎の変形、椎間板ヘルニア、脊椎管狭窄があると診断されている。朝晩になると症状が強く鳴る。 腰痛、右ひじの痛み、左足外側の痛み痺れ 脊椎管狭窄症による、腰痛症)と診断しました。
証を右腎虚脾実証とたて、後谿・申脈の奇経灸と、腰に温灸を行いました。
三日に一度の通院で、10回目くらいから朝の痛みが楽になり始め、2週間に一度の通院にしてもらい、3か月続けました。改善が見られましたので、治療を終了としました。
2か月後、また同じような症状が出ましたが、4回治療して症状は治まりました。

脊椎幹狭窄症(せきついかんきょうさくしょう) | コメント (0)