現在のページ位置

新潟市の泉心道鍼院よりメッセージ

左膝関節症の症例

2018年5月15日

左膝関節症の症例

1か月前に子供とサッカーをしていて、左膝が痛くなり、座っていて立ち上がるなどで痛むとのことで来られた36歳の女性です。
脈は沈んでいて弱く、下腹部に力がない。
皮膚はなめらか暖かい、左腰部緊張、左ひざ内側圧痛、眠りが浅い、足の冷え、左耳鳴り、耳垂れなど (左ひざ関節症)と診断しました。
治療は肝虚脾の和法で行い、ひざ関節に温灸、眠りが浅いため、深く眠れるようにすることを目標にしました。
腎虚、脾虚に証を換えながら治療をすると、6回目で膝の痛みはほぼなくなり、9回で全く症状がなくなりましたので、治療終了としました。

膝関節症 | コメント (0)

コメント

コメントはありません。

現在この記事のコメントは受け付けておりません。

トラックバック