現在のページ位置

新潟市の泉心道鍼院よりメッセージ

急性頸腕症候群の症例

2018年5月14日

急性頸腕症候群の症例
右頸筋から肩にかけて痛く、最近左右の足がだるい。右奥歯が痛く頭痛もあるとのことで来られた72歳の男性です。
脈は沈んでいて弱く、腹は下腹部が冷たい感じ。
皮膚は冷たい。右ナソ部にキョロ所見。頸肩の痛み・脹脛がだるい・眠りが浅い・低血圧など (首肩症候群)と診断しました。
腎虚脾実証で行い、脛に温灸を行いました。2回目に来られた時に、肩の痛みは治まり、5回の治療で、肩、足ともに痛みやだるさが消失しました。

急性頸腕症候群 | コメント (0)

コメント

コメントはありません。

現在この記事のコメントは受け付けておりません。

トラックバック