現在のページ位置

新潟市の泉心道鍼院よりメッセージ

脊椎幹狭窄症による左足のしびれの症例

2018年5月24日

脊椎幹狭窄症による左足のしびれの症例
介護中に腰を痛め、7月ごろより腰から左ひざ下にかけて痛み痺れがあり、朝起きてから3時間程度が一番悪いとのことで来られた66歳の男性です。
脈は浮いていて強く、下腹部に力がない。
ひふはやや乾燥ぎみ。下部腰椎の変形、椎間板ヘルニア、脊椎管狭窄があると診断されている。朝晩になると症状が強く鳴る。 腰痛、右ひじの痛み、左足外側の痛み痺れ 脊椎管狭窄症による、腰痛症)と診断しました。
証を右腎虚脾実証とたて、後谿・申脈の奇経灸と、腰に温灸を行いました。
三日に一度の通院で、10回目くらいから朝の痛みが楽になり始め、2週間に一度の通院にしてもらい、3か月続けました。改善が見られましたので、治療を終了としました。
2か月後、また同じような症状が出ましたが、4回治療して症状は治まりました。

脊椎幹狭窄症(せきついかんきょうさくしょう) | コメント (0)

コメント

コメントはありません。

現在この記事のコメントは受け付けておりません。

トラックバック